ヘルペスの感染経路と予防策

ヘルペスは人との接触、ヘルペスウイルスが付着したコップやタオル、便座を使うことで感染します。ヘルペスは性器だけではなく、口唇にも症状を引き起こします。感染力が強いため、しっかりと治療をすることが大切です。
性器への感染の場合はセックス、オーラルセックスが感染経路です。ヘルペスウイルスに感染している性器に口や舌が接触した場合に感染します。逆に口唇ヘルペスに感染している口でオーラルセックスを行った場合も感染します。口唇への感染は親子間、夫婦間でのキスや感染している場所に触れた手で家族に触れることにより感染します。肉体的な接触が無くても、ヘルペスウイルスの付いたコップやスプーン、タオル、便座を使うことで感染することもあります。このように感染経路はセックス以外にもありますので、注意が必要です。
ヘルペスウイルスの有効な予防策は現時点では見つかっていません。この病気が発症するのは疲れやストレス等で免疫が低下している時が一番危険です。なので、免疫力を高める食材を使ったバランスのいい食事をとる、ストレスや疲労を溜め込まない、風邪を引かないような生活を心掛ける等があります。
ヘルペスは感染力も強いのですが、同時に再発も多い病気です。体内から完全にウイルスを除去することは難しく、日々の生活に気を付けることが感染・再発をしない一番の予防策になります。
体に少しでも異変を感じた時は恥ずかしがらずに専門医に相談に行きましょう。放置しても完治はしませんし、返って悪化してしまう危険性があります。生命に関わる合併症を引き起こすケースもありますので、必ず病院に行き治療を受けてください。家族、恋人が感染している場合も一緒に治療を受けてください。

ヘルペスの治療薬で再発の回数が減らせる

ヘルペスをよく知ることが求められます。ヘルペスは残念なことに一度罹ってしまうと完治することが不可能です。ヘルペスウイルスに感染してしまうと、生きている限りそのウイルスとともに生活をすることになります。しかし活動を開始しなければ、まったく害がないウイルスです。活発をせずに大人しいときは、神経節でまったりとしており、活発をするのを待っている状態といっていいでしょう。活発をする機会はいくつかあり、それは免疫力が落ちているとき、疲れているときに活発することがあります。よって疲労とストレスが大敵になります。

またヘルペスを調整できる医薬品があります。現代社会疲れやストレスと無縁になることはないでしょう。必ずウイルスが活発化する時が来まう。ヘルペスを再発しやすい人は、水泡ができたときに症状に気付くでしょう。そのような時に医薬品を服用することで症状を抑えることができます。この医薬品はウイルスの増殖を抑える効果があります。よってウイルスを持っている人は、医薬品を常備しておくと安心になります。クリニックでも処方することができますが、ウイルス持ちの人は個人輸入代行業者を利用して、バルトレックス等の医薬品をいつでも使えるようにしておくと良いでしょう。

ヘルペスができたときにすぐに医薬品を服用することで再発は悪化させずに済みます。再発の回数を減らしたいのであれば、規則正しい生活を送り、疲労に強くなり、そしてストレスの発散方法を自分で見つけておくことも大切です。生活習慣を整えるだけで再発回数も減りますし、仮にヘルペスができたとしても医薬品を服用することで悪化を防ぐことが可能です。よってヘルペスはそこまで怖い病気ではないことがわかるでしょう。

ヘルペスって遺伝するの?

ヘルペスとはウイルスにより引き起こされる疾患で、単純疱疹と帯状疱疹に分類されます。単純疱疹とは感染すると発疹や水ぶくれができ、かゆみがしばらく続きますが治療をすれば1~2週間で治ってしまいます。しかしこれは感染力が強く、一度感染すると何度も再発してしまうのです。一般的なものが口唇にできるものと性器にできるものです。口唇ヘルペスは飛沫感染、接触感染が主で、性器ヘルペスは性交による感染がほとんどです。
また帯状疱疹は帯状に赤い発疹や水ぶくれができ、体に強い痛みが起こるのが特徴です。この病気は水ぼうそうのウイルスが原因となります。水ぼうそうは一度かかると再びかかる病気ではないのですが、加齢やストレス、疲れがたまってくると抵抗力が下がり、体の中に残っていたウイルスが今度は帯状疱疹という帯状の疱疹になってあらわれてくるのです。体に痛みが出るのは、ウイルスが神経の節に息をひそめているからです。抵抗力が下がることでウイルスが、場所が近い神経を攻撃するのです。
ヘルペスの治療法は単純疱疹も帯状疱疹も基本的には、抗ヘルペスウイルス剤の使用です。患部に塗り薬を塗るまたは飲み薬を服用します。痛みなどがひどいときは鎮痛剤などが使われることもあります。
ヘルペスは遺伝する病気なのかということですが、このウイルスは遺伝するものではないといわれています。しかし、ヘルペスは飛沫感染や接触感染するものなので、親と子どものように同じ家の中にいる人たちに感染してしまうということはあります。口唇ヘルペスなどは同じコップを使いまわしたり、タオルなどの共用で感染してしまう感染力の強いものなのです。また免疫力が低いという面で親子の体質が似ることはあるでしょう。
▼おすすめサイト
コンジローマはバレずにこっそり治しましょう
▼ヘルペスに効く
バラシクロビル

トップページへ